スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『みんなの詩』2013.2.23

0223_みんなの詩_bs

0223_みんなの詩_cs


うつくしい詩と音楽に耳をすませながら
あたたかな土曜日をすごしませんか?

2月23日 土曜日
昼の部と夜の部にわかれて
子どもから大人まで
さまざまな人たちが詩を読みます。
その詩にあわせて
すばらしい音楽家たちが演奏します。
ぼくたちはただ耳をすまして
あたたかな時間をすごす
そんなイベントです。
夜は尾道大学生によるキャンドルナイトもあります。
入場無料です。
お好きな時間に来て下さい。

『みんなの詩(うた)』

昼の部:12時〜16時
夜の部:18時〜21時

【みんなの詩限定フード&ドリンク】
・村上みかんさんのベジランチ&ディナー
・リヤカーゴの特製ドリンクなど

場所:尾道本通商店街入口(芙美子像)より徒歩5分
右側にあるフェンス越しのガーデンハウス

音楽:karma/昼の部
DJ sebachant, KEIKI /夜の部

ゲスト:アーサー・ビナード(詩人)/夜の部
http://youtu.be/bq1x8E9NDgo


お問い合せ:070-5673-9659(タナカ)


アーサー・ビナード(Arthur Binard)
1967年、米国ミシガン州生まれ。ニューヨーク州のコルゲート大学で英米文学を学び、卒業と同時に来日、日本語での詩作を始める。詩集『釣り上げては』(思潮社)で中原中也賞、絵本『ここが家だ――ベン・シャーンの第五福竜丸』(集英社)で日本絵本賞を受賞。
エッセイ集に『亜米利加ニモ負ケズ』(日本経済新聞出版社)、『日々の非常口』(新潮文庫)、絵本に『くうきのかお』(福音館書店)、『ことばメガネ』 (大月書店)、翻訳絵本に『ダンデライオン』『どんなきぶん?』(ともに福音館書店)、『カエルもヒキガエルもうたえる』(長崎出版)、『ホットケーキで きあがり!』(偕成社)、詩集に『ゴミの日』(理論社)、翻訳詩集には『日本の名詩、英語でおどる』(みすず書房)など。
文化放送「吉田照美ソコダイジナトコ」と青森放送「サタデー夢ラジオ」でパーソナリティーもつとめる。

スポンサーサイト
YOU THINK

YOU THINK

YOU THINKは私たち1人1人が創る「考える」ムーブメントです

New Post
Category
Archive
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。